Just another WordPress site

外国語を条件にする求人

飲食店やデパートで外国語を条件にする求人の必要性

爆買いなんて言葉を耳にします。中国の富裕層の人々が日本に来て家電製品や美容製品、を大量に購入することを俗語として定着させた言葉です。ビザの規制緩和や円安の影響により、観光がてらに品質の良い日本製品をたくさん買っていくのです。マンションまでも購入する方たちもいるほどです。富士山をはじめ3年連続で日本に世界遺産が認定された影響もあり、中国だけでなく海外からの観光客は軒並み増えてきています。グローバル社会と謳われている通り情報は常に収集でき、24時間あれば地球上のほとんどの地域に行ける時世になりました。

しかし、日本語は世界にも稀な文法体系であり、習得するのに困難な言語の1つに数えられています。海外の方がよく足を運ぶ観光地や飲食店では、商売のため英語や中国語など第2の言語を習得する必要に迫られてきています。

日本は昔からおもてなしの文化があります。オリンピック誘致の演説で使用され流行語大賞にも選ばれた深みのある言葉です。相手に気持ちよくなってもらいたい。心から満足して帰路についてほしいなど、相手に対しての想いを乗せて接客する姿勢は世界でも群を抜いています。有名な観光地になればなるほど、飲食店やおみやげ屋さんでは外国語の必要度は高まってきます。大型デパートでは爆買いに対応するため求人項目に中国語と掲載する企業も少なくありません。

食に関していうと、和食は海外でも非常に人気があり、飲食を楽しみながら観光巡りをする人が大勢います。わさびやそばなど日本独特な料理、味を説明するためにある程度の英語を習得しておけば心のこもったスムーズな接客に繋がります。
逆に日本人が海外で仕事をすることも当たり前になりました。海外に支社を持つ会社では海外出張のため外国語ができる人材を求人したり、ワーキングホリデー制度を利用して飲食店などでバイトしたりと様々です。

日本は島国なので日本語だけで十分という時代は終わりました。求人欄にも英語や中国語などの言葉を見ることが多くなり、実際に採用の可否の分かれ目にもなってきています。海外に行く場合でも、海外から来てもらう場合でも飲食は不可欠な行為です。外国のレストランで注文を頼むのにも、外国人観光客に注文を受け付ける際にも日本語だけでは不十分な場合がでてきます。企業の採用条件という理由だけでなく、グローバルな社会を生き抜くため、そして世界を楽しむ為に外国語の必要性を感じ取り、学校教育だけでなく個人みずからがセカンドラングウィッチを学ぶ社会へと変貌をとげています。