Just another WordPress site

スタッフの能力とは

飲食の求人で必要なスタッフの能力とは

飲食に関わるスタッフは今まで各店舗のマニュアル通りの行動ができる人材を求めて求人していました。しかし昨今飲食店にお客様が求めるものが変わってきています。それに平行して飲食に携わる人材の教育方針も変わってきました。スタッフが望むものをお店に並べ、スタッフが楽しいと思う販促をしてもお客様には反応があります。立地条件やお客様のニーズに合わせた商品開発、接客などが必要になってきます。つまり、マーケティング目線での運営が求められます。飲食に限らず、接客業ではさまざまな対応が必要になってきます。上司の支持があるまで動かないのでは話しになりません。

求人募集で求められる人材としてやらなければならないことは常に周囲に気を配り、店舗内の状況を見極め動くことが大事です。自分で積極的に問題を解決できる人材が求められます。飲食に関しては、味はもちろんですが、訪れるお客様が少しでも違和感や不快感を感じ、満足を得ることができなければ客足は遠退きます。そのようなことを回避し、いつでも高い満足感を提供すること、客観的に分析して自ら問題解決できるような人材を求めることが多くなっています。

また、コミュニケーション能力も必要不可欠です。求人の際にコミュニケーション能力が乏しいと採用されない場合がほとんどです。相手の望むべきことを判断できなければ正しい接客にはならないからです。また、スタッフ同士のコミュニケーションも必要になってきます。い自分が率先してやることも大事ですが、働くすべての能力を高めるためには互いにコミュニケーションを取らなくてはなりません。自分がすべきこと、店の方向性、仕事の意味などを確実に相手に伝えられ、そして相手の言い分もきちんと聞けるような人が求人に求められます。

求人の際にはマニュアル通りではなく客観的に分析、周囲への配慮、お客様のニーズに合うように考えて常に改善できる人材が望まれます。もちろんマニュアルも必要ではありますが、常に現状を把握し臨機応変に対処できる、そのような場所でなければ競争率の激しい飲食関係で生き残ることは難しくなってきます。これから必要とされる人材はそうでなくてはなりません。ただ、やみくもに働くだけでは何の価値も見いだせない、ということです。つまり「自発的に行動できる人材」を求めているのです。このようなことから飲食のスタッフは向上心があればあるほど自身のスキルアップにもつながるのです。